×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




---南風のたび風景写真---

滝と紅葉と(その1) (2001年10月)
 
 滝と紅葉。今年の秋は「米子大瀑布」を見に行こうかな?と思っていたが、この夏の台風で道路崩壊、
通行止めらしい。確か、須坂市のホームページに通行止めのお知らせがあったような気がしたが、無く
なっていたので、もしかしたらと思って、出かけてみた。

 国道18号を西へ。碓氷バイパスも快調に走る。軽井沢を過ぎて、浅間サンラインに入る。通行量は多い
が、信号は少ない。途中から菅平方面に走る。菅平の少し手前、右側の川に「唐沢の滝」が落ちている。
天気が良くて、虹ができていた。

唐沢の滝

 菅平を過ぎ、須坂まで大笹街道は紅葉が始まっている。
須坂市街に入る手前で右折すると、「米子大瀑布」までの道となる。
しばらく走ると、通行止めの看板。「やっぱり工事中か!」半分覚悟はしていたので、仕方ない。

次の目的地の「雷滝」がある松川渓谷へ車を走らせる。この辺りは「日本の紅葉百選」にも選ばれていて、
山々は紅葉していて綺麗だ。
「雷滝」は裏見の滝で、道路から5分ほど降り、滝の裏を通って、観瀑台まで降りて見上げる。
水が激しく落下している。
 
雷滝 (対岸の色づく木々) (裏側より)

ここまできたのだからと、近くの温泉に入ることにした。
道路沿いに高山温泉とか五色温泉とかその他いろいろ温泉がある。
その中のひとつ、「七味温泉」に入ることにした。入浴料500円を払って、浴室へ。
内湯の浴槽は小さかったけど、その先に、白いお湯の露天風呂がある。
空は青く、山は紅葉、なかなかの満足な出だし。
七味温泉付近の紅葉 七味温泉の旅館
 
 「雷滝」の少し下流に「八滝」がある。落差180mの段瀑で、展望台から遠望となる。

八滝

国道117号に入り、千曲川沿いを新潟へ向かう。途中、道の駅「信越さかえ」でソフトクリームゲット!
ミルク味たっぷりでなかなか美味しい。
新潟に入ると、千曲川は信濃川に名前を変える。
日本一の長さを誇る信濃川(全長367km)も、60%ぐらいは千曲川なのである。(笑)

十日町を過ぎ、さらに北上。途中、道の駅「ちぢみの里おぢや」で休憩。
入浴施設が併設されているが、先を急ぐので、すぐまた北上する。
今日は、「鈴ヶ滝」に一番近い道の駅「朝日まほろば」で車中泊の予定。
 
 

 その2

たびの記憶」へ戻る


 

--- Copyright by minami_kaze (C) 2003-2004 ---