×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 
2001/1月
 
長崎の滝

(2001.01.03)
 
 
戸の隅滝(落差15m)

長崎県南高来郡西有家町
 
 
島原半島随一の滝。半島をめぐる広域農道が整備され、国道を通らずに容易に
行けるようになった。滝の岩と河原の石が赤く染まっている。「むかし、怪蟇が滝
壺に住みついたため、小魚が居なくなり、村人が困った。これを見た若者がこの
怪蟇を退治した。この時の血潮が飛び散り周りを赤く染めた。」という戸の隅の龍
石伝説がある。
 

   
轟峡

長崎県北高来郡高来町
 
轟の滝(落差12m)
 
 島原半島を離れ、国道207号線を佐賀方面へ走らせる。
 諫早湾の干拓地を抜ける頃、愛車の走行距離が100,000kmを
 越えた。
 
  
    走行距離99,999kmの瞬間

 JR長崎線、湯江駅あたりで左折し山側へ登って行く。
 振り返ると、諫早湾を堰き止める堤防が正面に見える。

 轟峡は長崎県有数の清流であり、名水百選も選ばれている。
 ここには轟滝を始めとして、多くの滝がある。
 案内板には、「轟の滝」「潜龍の滝」「楊柳の滝」「太龍の滝」の
 四つの滝が見える。
   
「潜龍の滝」 「楊柳の滝」 「太龍の滝」

--- Copyright by minami_kaze (C) 2003-2004 ---