×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 



---南風のたび風景写真---

滝と紅葉と(その3) (2001年10月)

 「滑川大滝」を見た後、なんだか無性に家に帰りたくなった。本当は、桧原湖辺りに一泊して、ゆっくり帰る
つもりだったが、一気に喜多方、会津若松を通り過ぎ、道の駅「たじま」に到着。ここで一泊。寝袋にくるまっ
て寝たが凄く冷え込んでいて、何度も目が覚めた。^^;
 五十里湖で湯西川温泉方面へ右折。湯西川温泉の先に権現滝が有るはずだったが、工事中で通行止め。
そのまま峠を越えて川俣ダム方面へ向かう。後で調べてわかったが、途中何個か滝を見過ごしている。--;
  

川俣ダム

 川俣ダムから帰る途中に、蛇王の滝がある。滝の前にそば屋さんがあり、ここから滝が見えるが、河原まで
降りられるようになっているので降りてみた。蛇王の滝だろうか?川に落ちる所しか見えない。後でわかった
ことだが、蛇王の滝はもう少し下流に見えるらしい。(まったく気が付かなかった)
 
蛇王の滝のつもりで撮った滝
 
 ここから霧降の滝へ行くには霧降高原道路を通った方が早い。
一回は走ってもいいだろうということで、930円払う。(^^;
大笹牧場を眺め、峠を越えて、坂道を降りきると、すぐに霧降の滝の入り口に着く。
滝見台へは駐車場から10分ほど歩く。ずーっとむかし、滝壺まで降りた記憶があるが、滝壺までの道は
閉鎖されていた。
 
 
霧降高原道路より    霧降の滝

霧降の滝を見て、国道まで出ると、車が渋滞している。のぼりもくだりも渋滞。
平日なのにこの時期はどうしようもないのか。(自分のことは棚に置いている。^^;)
途中、久しぶりに裏見の滝へ立ち寄る。前はもっと険しい道だったような気がしたが、すぐに滝のそばまで
到着。裏見の滝の手前も奥も水が落ちていて、裏側へは行けそうもない。
  
   

裏見の滝
 

 

たびの記憶」へ戻る



--- Copyright by minami_kaze (C) 2003-2004 ---