×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 



---南風のたび風景写真---

六合村・世立八滝 (2001年6月)


群馬県六合村の世立地区の八石沢川に「世立八滝」がある。
「大仙の滝」「段々(だった)の滝」「箱の滝」「久内の滝」「泡立の滝」「井戸の滝」
「殺人(さつうぜん)の滝」 と、一つ沢の異なる「仙の滝」だ。

以前、一度立ち寄ったことがあるが、道路沿いの「大仙の滝」を見ただけだったので再トライした。
六合村のホームページでも滝の写真はあるが、遊歩道未整備のため滝を見るのは困難となっている。

「世立八滝」の場所は、国道405号線沿いに「滝見ドライブイン」があるのでわかりやすい。
ドライブインの下に「大仙の滝」の滝がある。滝まで5分で遊歩道も整備されている。


大仙の滝

ドライブインを過ぎ、そこからしばらく走ったヘアピンカーブに小さな看板があり、
そこを右折してすこし走ると右手に広場がある。そこに車を止める。

そこから山側へ歩いて行くと山道が続いていて、「仙の滝」方向と「久内の滝」方向を示す
小さな看板があったので、とりあえず「久内の滝」へ向かう。途中で「殺人の滝」へ向かう鎖を張った
斜面が左手にのびている。まずは「久内の滝」へ。

「久内の滝」は取水口の先にあり、立入禁止の門の脇を入り込むと、何かの視線を感じた。
川の対岸の斜面を、2匹のカモシカが歩いていて、目が合うとじっとこちらを見ている。



ずっとにらめっこをしているわけにもいかないので、知らんふりして、滝壺へ。


久内の滝

この下流に「箱の滝」「段々の滝」がある。
小道まで戻った後、踏み後らしきものがあったので、枝に捕まりながら降りていくと
滝が見える。「箱の滝」だろう。下までは降りられそうも無いので引き返す。


箱の滝

もう一度小道まで戻ってしばらく歩くと、「段々の滝」の小さな看板。
途中まで進んだが、かなり厳しい斜面になっており、滑り落ちそうだったのであきらめる。

「殺人の滝」の看板まで引き返し、鎖に沿って山道を登る。途中鉄パイプの梯子があり、
登り切ると尾根に出る。そこからさらに山道を登っていくと、下の方に「殺人の滝」が見えてくる。
滝までの道は無く、枯れ葉の落ちた急斜面を滑りそうになりながら、ジグザグに降りる。
途中で踏み後を見つけ歩いていくと、工事用のロープが下に向かって伸びている。
なんとかやっとの思いで滝の姿を見れる所まで来れた。<(^^;;


殺人の滝

道まで戻って、山の祠で休憩。集落が小さく見える。


山の祠から...

鉄パイプの梯子の上まで戻ると尾根の下の方にも道が延びている。
「泡立の滝」「井戸の滝」への道かもしれない。途中まで斜面を降りてみたが
ロープでも無いと降りられそうもない。あきらめて「仙の滝」へ行く。
「仙の滝」は滝壺直下まで道が続いており、こちらは容易に見ることができる。


「仙の滝」


「世立八滝」のうち、五つの滝を見ることができたが、遊歩道も無く、かなり疲れた。<(^^;
小さな看板を立てたり、鎖を張ったりと、これから少しずつ遊歩道が整備されるかもしれない。
残りの三つはその時までのお預けかな?



(おまけ)


川が大きな一枚の安山岩床でできている石樋(いしどい)



石樋の滝(嬬恋村)



たびの記憶」へ戻る



--- Copyright by minami_kaze (C) 2003-2004 ---